主婦によるキャッシング利用

法律が改正されたら、主婦がキャッシングを使うことはできなくなるという予測もありました。
今では貸金業法も見直され、移行も済んでいます。
キャッシング会社の中には、貸金業法が見直された時のことに備えて、主婦のキャッシングを断っていたところもあったようです。

結局、貸金業法の改正とは、どういった内容だったのでしょう。
時代が変わっても、給料日前に生活費が不足してしまったという主婦は少なくないでしょう。
いつの世でも生活費のやりくりは難しいものです。

貸金業が見直されたことにより、収入のない主婦がキャッシング会社からお金を借りるに当たっては、しなければならないことができました。
自分の収入を示すことができない代わりに、夫の婚姻を示す書類と共に、収入がわかる書類と同意書が必要です。

夫にキャッシングのことを知られたくないという主婦はお金が借りられません。
今までは29.2%まで金利設定ができましたが、法律が変わったことで20.2%までに変わりました。
そして、年収の3分の1を超える金額を融資で受けることが、法律違反ともなりました。
キャッシングを使う身にしてみれば、金利が高くなりすぎないことは都合がいいことです。


人によっては、家族に内緒でキャッシングがしたかったという人、年収の3分の1の融資額は少なすぎ目と感じる人もいます。
[PR]
by eblueroseh | 2012-12-15 10:44 | キャッシング利用
<< 低金利のクレジットカード クレジットカード支払いのメリット >>