主婦がキャッシングするには

主婦がキャッシングの申し込みをした場合でも、かつての貸金業法ならは審査には通りました。
夫の収入や勤務先を申し込み用紙に書き入れれば、専業主婦であっても収入がある人と同様に審査に通貨し、お金が借りられたためです。
現時点では、自分自身の収入がない主婦がキャッシングの申し込みをする時には幾つか条件が追加されています。

法律改正により、年収の3分の1がキャッシングの利用上限額になりました。
ただし、夫の収入を妻の年収にプラスし、その数字の3/1までをキャッシングの利用上限にすることができます。主婦がキャッシングを利用したい場合は、配偶者貸付という仕組みを使えばいいわけです。

また、夫の同意書や結婚していることを示す書類、住民票がなければ配偶者貸付制度を使うことはできません
夫に知らせてからでなければ、キャッシングはできません。
しなければならない手続が改正前に比べて大幅に増えたことから、主婦にはキャッシングはしない会社も存在します。
キャッシングができないわけではありませんが、専業主婦のキャッシングは難しいようです。
融資を希望する際にすべきことは何でしょう。銀行のローンは、キャッシングほど簡単でもスピーディでもありませんが、融資の可能性がまだあります。
キャッシングが使えず、主婦にとっては大変かもしれませんが、そんな中でも対策を立てていくことが大事です。
[PR]
by eblueroseh | 2012-11-30 10:52 | キャッシング利用
<< クレジットカードの支払い クレジットカードの海外特典 >>