クレジットカード支払いのメリット

クレジットカードで支払いを行えば、払い忘れもなくなり、自動的に支払いが行われてとても便利です。
一昔前は、銀行や郵便局などで、いちいち並んで支払っていました。
仕事の合間などに行くので時間がなかったり、後で払おうと思っていたらすっかり忘れてしまったと言うこともありました。


クレジットカードを使えば自動で支払いができますので、ミスが起きることはありません。
クレジットカードでの支払いのメリットといえば、クレジットカードで支払いをすることでポイントが貯まります。
支払いの一部が、自分の元に戻ってくるということが言えます。
クレジットカードの中には、特定の時期のポイントが何倍かになったりします。

イベントも時の買い物にクレジットカードを使用してポイントを貯めたりすることもできます。
クレジットカードで支払いする際のメリットで、簡単に家計簿の代わりになるという点もあります。
家計簿機能がついているクレジットカードでは、ネットのクレジットカードのサイトにログインして家計簿情報を確認することが可能です。


無料で利用することができます。
サイトで簡単に毎月の支払明細がわかるようになっているのです。
クレジットカードで支払いをすることによって得られる利点はたくさんありますので、ぜひ活用してください。

トランシーノ 肝斑
[PR]
# by eblueroseh | 2012-12-10 10:39 | クレジットカード支払い

クレジットカードの支払い

クレジットカードで支払いができる項目は徐々に増え、利便性が増してきています。
通信販売は勿論、ガス料金、電気料金、水道料金などの公共料金の支払ができます。
新聞購読料、NHK受信料、固定資産税、住民税と言った公金の支払も可能です。


家賃、保険料、国民年金もクレジットカードでの支払いができますし、飛行機や電車などの交通料金などもクレジットカードがあれば決済ができます。
クレジットカードでの支払いをする人が増えている理由は、クレジットカード払いにするとポイントがつくことです。
ポイントを貯めて商品を手に入れたり、様々なサービスを受けることができるわけです。
上記のような公共料金や通信費をクレジットカードで支払い続け、1年で30万円ほどのカード支払い額になったとすれば、還元率1.5%で4500円ぶんのポイントが溜まります。

もしくは4500円相当の商品券と交換できたりします。
払いに便利と言う他にも、使う側にも十分なメリットがあるわけです。
ポイントが入るとなると、クレジットカードを使わずに支払いをする意味がわからなくなります。
お得感があるという理由で、クレジットカードで、いろいろな支払いをする人が増えているわけです。
クレジットカードを使った支払いで得られる利点を理解した上で、賢くつかっていきましょう。
[PR]
# by eblueroseh | 2012-12-01 10:41 | クレジットカード支払い

主婦がキャッシングするには

主婦がキャッシングの申し込みをした場合でも、かつての貸金業法ならは審査には通りました。
夫の収入や勤務先を申し込み用紙に書き入れれば、専業主婦であっても収入がある人と同様に審査に通貨し、お金が借りられたためです。
現時点では、自分自身の収入がない主婦がキャッシングの申し込みをする時には幾つか条件が追加されています。

法律改正により、年収の3分の1がキャッシングの利用上限額になりました。
ただし、夫の収入を妻の年収にプラスし、その数字の3/1までをキャッシングの利用上限にすることができます。主婦がキャッシングを利用したい場合は、配偶者貸付という仕組みを使えばいいわけです。

また、夫の同意書や結婚していることを示す書類、住民票がなければ配偶者貸付制度を使うことはできません
夫に知らせてからでなければ、キャッシングはできません。
しなければならない手続が改正前に比べて大幅に増えたことから、主婦にはキャッシングはしない会社も存在します。
キャッシングができないわけではありませんが、専業主婦のキャッシングは難しいようです。
融資を希望する際にすべきことは何でしょう。銀行のローンは、キャッシングほど簡単でもスピーディでもありませんが、融資の可能性がまだあります。
キャッシングが使えず、主婦にとっては大変かもしれませんが、そんな中でも対策を立てていくことが大事です。
[PR]
# by eblueroseh | 2012-11-30 10:52 | キャッシング利用

クレジットカードの海外特典

海外旅行保険サービスの特典が、クレジットカードの中には、掛け金なしでついているものが存在しています。
なかなか大変なのが海外旅行に行く度に旅行保険をかけるということです。
あらかじめクレジットカードに保険がついていれば、お金をあらためてかける必要がなくなります。

無料の付帯保険ながら、クレジットカードの海外保険特典は、充実した保障内容だといいます。
額面としては通常の海外保険と比べると見劣りしますが、海外旅行中のサポートにそれでも十分になるといえるでしょう。


後遺障害や死亡については、保険に複数入っている場合には、個々の保険会社で按分するのが最も補償金額が高い金額の保険です。
ところが疾病治療や障害保険の補償金額は加算で、按分ではありません。
いくつかクレジットカードを所有し、海外特典をそれぞれのクレジットカードの分で利用するという方法もおすすめです。


何かとクレジットカードは海外での買い物に役立つものです。
いちばん良いのはいちいち海外で現金を持ち歩く必要がないことです。
特典が海外保険としてつく上に簡単に海外での買い物をすることができます。

ぜひ一枚は海外旅行をする時クレジットカードを作っておくことをおすすめします。
事前に確認しておくといいのは、まれにクレジットカードで旅費の一部、あるいは全額を払っていなければ保険の特典が使えない場合があることです。
[PR]
# by eblueroseh | 2012-11-08 10:50 | クレジットカード支払い

クレジットの金利は支払方法で変わる

クレジットカードを買い物に使う人が増えていますが、金利のことを気にしている人は少なくないようです。
設定されている金利がいつどのようにして加算されるか、知らないままにクレジットカードを利用している人もいます。
基本的に、クレジットカードで決済をした場合でも、一回払いや2回払い、ボーナス一括払いで金利が加算されることはありません。

クレジットカードの支払いスタイルに、リボルビング払いという支払い方法があります。


リボ払いでは月々の支払いの上限金額が決まっており、それ以上の金額は翌月以降に繰りこされます。
金額によっては全額返済まで何回も返済をしなければならなくなり、金利もつきます。
リボ払いの金利は、金融会社によって違いはありますが、おおよそ15%です。


クレジットカードでは、支払い方法を選択する時は、可能な限り金利を低く抑えていきたいものです。
毎月5000円のリボ払いを15%で利用できるクレジットカードで、10万円の買い物をした場合、最終的な利息は1万3000円です。


クレジットカードの金利として支払うくらいなら、別なものを買った方がいいような金額です。
不要な金利を払うのも損な話です。クレジットカードでリボ払いを利用すると、金利が高くつくことは知っておくべきでしょう。
できれば一括でクレジットカードの支払いをすることで、金利とは無縁でいることができるでしょう。
[PR]
# by eblueroseh | 2012-11-01 10:47