タグ:キャッシング ( 3 ) タグの人気記事

収入があれば主婦でもキャッシングができる

キャッシング条件が主婦にとってきつくなったのは本当ですが、可能生がゼロになったということではありません。
お金を借りたい主婦が心がけるべきこととは、果たして何でしょう。
主婦で自分の収入がない人は、キャッシングは受けづらいものと思われがちです。
しかし、融資ができる金融会社は案外多いようです。各金融会社は、おのおのでキャッシングの審査基準を独自に定めています。

主婦であっても、審査を通りさえすれば融資は受けられるのです。
多くの場合、毎月得られる収入が一定水準をクリアしているかどうかが着眼点になります。
返済できる人にお金を貸すのが原則である以上、収入に乏しい主婦がキャッシングをするのが難しいのは道理ともいえます。
ただ、会社によっては正社員としての収入でなくても、安定していればパートやアルバイトでもオーケーです。


具体的な審査の基準はキャッシング会社によって異なりますので、一社でだめだったとしても他社で通るかもしれません。
最近は、主婦がキャッシング機能つきのクレジットカードをつくることも困難になっているようです。
自分自身の収入がない専業主婦の場合、どうしても御主人にキャッシングの相談をする必要が出てきています。
[PR]
by eblueroseh | 2012-12-28 10:48 | キャッシング利用

主婦によるキャッシング利用

法律が改正されたら、主婦がキャッシングを使うことはできなくなるという予測もありました。
今では貸金業法も見直され、移行も済んでいます。
キャッシング会社の中には、貸金業法が見直された時のことに備えて、主婦のキャッシングを断っていたところもあったようです。

結局、貸金業法の改正とは、どういった内容だったのでしょう。
時代が変わっても、給料日前に生活費が不足してしまったという主婦は少なくないでしょう。
いつの世でも生活費のやりくりは難しいものです。

貸金業が見直されたことにより、収入のない主婦がキャッシング会社からお金を借りるに当たっては、しなければならないことができました。
自分の収入を示すことができない代わりに、夫の婚姻を示す書類と共に、収入がわかる書類と同意書が必要です。

夫にキャッシングのことを知られたくないという主婦はお金が借りられません。
今までは29.2%まで金利設定ができましたが、法律が変わったことで20.2%までに変わりました。
そして、年収の3分の1を超える金額を融資で受けることが、法律違反ともなりました。
キャッシングを使う身にしてみれば、金利が高くなりすぎないことは都合がいいことです。


人によっては、家族に内緒でキャッシングがしたかったという人、年収の3分の1の融資額は少なすぎ目と感じる人もいます。
[PR]
by eblueroseh | 2012-12-15 10:44 | キャッシング利用

主婦がキャッシングするには

主婦がキャッシングの申し込みをした場合でも、かつての貸金業法ならは審査には通りました。
夫の収入や勤務先を申し込み用紙に書き入れれば、専業主婦であっても収入がある人と同様に審査に通貨し、お金が借りられたためです。
現時点では、自分自身の収入がない主婦がキャッシングの申し込みをする時には幾つか条件が追加されています。

法律改正により、年収の3分の1がキャッシングの利用上限額になりました。
ただし、夫の収入を妻の年収にプラスし、その数字の3/1までをキャッシングの利用上限にすることができます。主婦がキャッシングを利用したい場合は、配偶者貸付という仕組みを使えばいいわけです。

また、夫の同意書や結婚していることを示す書類、住民票がなければ配偶者貸付制度を使うことはできません
夫に知らせてからでなければ、キャッシングはできません。
しなければならない手続が改正前に比べて大幅に増えたことから、主婦にはキャッシングはしない会社も存在します。
キャッシングができないわけではありませんが、専業主婦のキャッシングは難しいようです。
融資を希望する際にすべきことは何でしょう。銀行のローンは、キャッシングほど簡単でもスピーディでもありませんが、融資の可能性がまだあります。
キャッシングが使えず、主婦にとっては大変かもしれませんが、そんな中でも対策を立てていくことが大事です。
[PR]
by eblueroseh | 2012-11-30 10:52 | キャッシング利用